口臭を友人に指摘するか?

今日(2010/6/25)の日経ウーマンオンラインで口臭の記事がありました。やはり男性にとっても、女性にとっても口臭は気になるところですね。
 

もしプライベートで友人とおしゃべりしている時に、友人の口がぷんと臭ったら、あなたなら友人に指摘しますか?という問題です。

 これは難しい問題ですね。親しい間柄でも相手に伝えるのは少し、いや、かなりの勇気が必要です。本当に親しい友人なら伝えますが、そうでなければ黙っておくでしょう。

ふじた歯科でも、親や、子供から指摘されたので、口臭を調べてほしいという患者さんが良くおられます。でも友人からの指摘はほとんどないようです。デリケートな問題なのでよほど親しくなければ伝えにくい問題なのですね。

 
――以下、記事を転載します。―― 

口臭は、自分では意外と分からないものです。かといって誰かに指摘される機会も少ないと思います。 もし相手が仕事上だけの付き合いの人なら、なお一層相手に言いにくいですし、いやな気持ちを抱いたまま仕事をしなくちゃならない苦痛も味わいます(意外と、仕事と割り切って指摘できたりして?)。

 

口臭の原因はバイ菌の“オナラ”

 このやっかいな口臭を客観的に評価するのが口臭測定器です。吐く息に含まれる口臭の主成分であるVSC(揮発性硫黄化合物)という化学物質の濃度を測定し、数値化して口臭を評価します。一般の歯医者さんでも置いている場合があります。

 

 さて、口臭の第一の原因は歯周病菌などが放出するガスです。バイ菌たちも、私たちと同じように生き伸びて子孫を増やすために栄養摂取し、その代謝の過程でガスを産生するのです。私たちが食後にオナラをするのと同じようなものです。この歯周病菌のガスはVSCだけでなくアンモニアやインドールなどの物質も含みますが、実はこれらは私たちのオナラの成分(大腸菌などのガス)と類似しているのです。一度、歯ブラシの歯垢に鼻を近付けてみて下さい。結構、嫌なくさい臭いがするはずです。

 

 ですから、歯磨きで歯垢のバイ菌のお掃除をすると、口臭が改善するのはそのためなのです。また、歯磨剤はミントなどの清涼剤を含みますから、スーッという爽快感とともに、爽やかな口臭も得られますので、口臭エチケットのために歯磨きは不可欠です。

 

最も臭う「モーニング・ブレス」を退治しよう

 ところで、「モーニング・ブレス」という言葉があります。これは、朝の起床時の強い口臭のことで、一日の中で最も強い口臭でもあります。睡眠中の唾液の減少でお口のバイ菌が増えるのが一つの要因ですが、その意味で朝のブラッシングは口臭防止に有効です。

 

 最後に、口臭…と言えば「タバコ」。統計(平成21JT全国喫煙者率調査)では、わが国の喫煙率は男性で年々減少傾向ですが、女性は横ばいです。女性で最も喫煙率が高い30代で16.8%であり、男性3046.9%に比べると低いですが、特に若い女性では増加傾向とのこと。タバコはお口の健康にも良くないです。タバコのニコチン成分は歯ぐきを血行不良にして、歯周病を悪化させる要因です。

                                           ―― 転載 終わり ――

当院では口臭検査器として、『オーラルクロマ』という精密機器を置いています。上記の口臭の原因である3種類のガスを検出し、何が口臭の原因になっているのかを調べ、そして口臭治療を行います。きっと改善しますので、悩むよりまず検査をお勧めします。

口臭検査について

当院では口臭検査にオーラルクロマと言う検査機器を使っています。

揮発性硫黄化合物を3成分ガスに分類し、各々のガス濃度を高精度に測定する
本格的な口臭測定器です

特徴として、

1、口臭の3成分ガスを高精度で分離測定し、口臭原因の細かな分析、治療効果の確認をします

2、専用シリンジによるシンプルな呼気サンプル法です。

3、口臭レベルの判定をし、患者様ごとの時系列でのデータ管理が可能です。

 

3成分ガスとは、硫化水素、メチルメルカプタン、ジメチルサルファイドです。

この分類によって、口臭の原因を分析し、的確な治療を行うことが可能になりました。

 

    口臭と歯周病 のトップへ

 

歯科:長崎で歯周病に取り組むふじた歯科

歯科:諌早で歯周病治療に関するメール相談はこちら


      

口臭の原因

口臭の原因には次の3つが挙げられます
1、口の中の汚れ
2、口の中の病気
3、内科系の病気

ふじた歯科では口臭検査ができ、この中の何が原因なのかが数値化してわかります

長崎 諫早 ふじた歯科 口臭検査 

費用・・・5250円   

 

それぞれの原因について一つ一つ説明していきましょう。

1、口の中の汚れ

口臭の原因は、歯垢、歯石や口の中残った食べ物の腐敗した臭いが大部分です。

一生懸命磨いても100パーセントの口の中の汚れを除去することはできません。ですから口臭は誰もが多かれ少なかれ持っている自然なものです。

当然、歯石や歯垢の付着の多い人は口臭が強くなります。また、歯並びの悪い場合や、詰め物や被せ物が歯に適合して無い場合には、汚れが貯まり易くなります。

唾液の関係もあります。唾液が十分に出ている場合は、唾液が細菌を殺菌したり、洗浄してくれたりして口臭の発現は少なくなりますが、朝起きたとき、空腹時、ストレス、緊張等により唾液が減少すると口臭が強くなる場合があります。

また、にんにくやお酒など臭いの強い飲食物が口臭の原因となることがあります。これは口の中に残った臭いだけでなく、胃腸から吸収された臭い物質が血液を通して肺に到達し、息と一緒に肺から吐き出されて強い臭気を発するためです。

2、口の中の病気

A、歯周病

歯周病にかかっていると歯ぐきが腫れてきます。歯茎から出血や、排膿がある場合は強烈な口臭の原因になります。特に歯周病の進行度が進むにつれ口臭を感じるようになります。
歯周ポケット(歯とはぐきの間の溝の深さ)が4ミリ以上なると、他人からも口臭を感じられるようになります。

 

B、虫歯

小さい虫歯が口臭の原因になることは少ないですが、虫歯が大きくなって穴が開いて、そこに物が挟まるようになると、挟まった食べかすが腐敗して臭いを発し、口臭原因になります。
また1本の虫歯ではなく、多数の虫歯が同時にあると、口臭を発する可能性が高くなります

 

C、舌苔

舌の上についている白い苔を舌苔といいます。舌苔が過剰に付着すると口臭の原因になります。
口の乾燥なども原因になりますが、舌苔がいつも過剰に付着するようで、胃腸の問題などを疑ってみる必要があると思います。

 

D、唾液の異常

唾液には、ばい菌を殺菌したり、洗い流す効果があります。ところが、口の中の粘膜が炎症を起こしたりしている場合、唾液が正常に働きません。特に口に中が乾燥するドライマウスの場合、唾液の力が働かず、口臭の原因になります。ドライマウスは唾液腺の異常、口呼吸、代謝異常、ビタミン不足、薬物の影響などが考えられます。

 

            口臭と歯周病 のトップへ

 

3、内科系の病気

内科系の病気が口臭の原因になることがあります。
内臓器が悪くて起こる口臭は、臓器から排出された代謝産物が血液中に溶け込み、肺に到達し呼吸によって排出されて起こります。

また、風邪など高熱が出た時、あるいは鼻炎にかかった時など、口で息をするために唾液などが乾いて、口渇を感じた時など、一次的に口臭がきつくなる場合があります。

その他、胃の調子が悪い時、例えば慢性胃炎や胃のただれがある場合、口臭を発する場合がありますし、

呼吸器系の疾患がある場合。蓄膿症や、慢性扁桃炎、アデノイドなどの耳鼻咽喉科系の病気がある場合。

糖尿病、肝臓病、腎臓病、白血病、癌なども口臭を伴う場合があります。

口臭の現状

現在、全国の7人に1人の方が口臭があると悩みを訴えているそうです。

つまり、「口臭に関する悩み」は「歯や口の中の悩みや気になること」に関する上位に位置しています。

口臭の原因の第一位は歯周病であり、40歳以降の8割が歯周病に罹患しています

口臭症の分類

口臭症は現在、以下の様に分類されます。

 真性口臭症     

   社会的容認限度を超える明らかな口臭が認められるもの

 仮性口臭症  

   患者は口臭を訴えるが、社会的容認限度を超える口臭は認められず、検査結果の説明により、改善が期待できるもの

 口臭恐怖症

 真性口臭症、仮性口臭症に対する治療では訴えの改善が期待できないもの