妊娠中のお口の変化

妊娠中のお口の変化 

妊娠中のお口の中は、生活習慣や体質の変化から、通常よりも虫歯や、歯周病になりやすくなります

次のような理由からです。

1、つわりによって奥歯の歯みがきが難しくなるため、磨き残しが多くなる

2、少しずつ何度も食事をするために、口の中で酸性の状態が続き、虫歯ができやすくなる

3、女性ホルモンが増加して、通常よりも歯肉に炎症が起こりやすく、「妊娠性歯肉炎」を引き起こす

4、唾液の性質が変化して、口の中がねばねばになり、細菌が活動しやすくなる

                  okaasann.jpg

周病のひどい妊婦さんは、歯周病菌の影響で早産や低体重児出産などの妊娠トラブルの危険性が高くなることが報告されています。

musibaakachan.bmpまた母子感染によって乳幼児へ虫歯菌が移ってしまうことがあり、虫歯の多いお母さんの子供は、早くから虫歯になる危険性が高いといわれています。  

お母さんのお口の健康は赤ちゃんのお口の健康です

 

 

歯みがきのポイント

歯みがきのポイントです。以下を守るといいですよ。

1、歯ブラシの毛先を歯と歯ぐきの境目に当てる

2、軽い力で磨く(ペンを持つような力加減で)

3、歯と歯ぐきの境目、歯と歯の間のプラークを、歯ブラシの毛先でこすりとるように意識して小刻みに動かす

4、1本ずつ歯を磨くつもりで丁寧に磨く

5、鏡や舌で、磨きのこしを点検する。できれば歯垢を染めるお薬をたまには使い磨きのこしをチェックしましょう。

 

歯科:長崎で歯周病に取り組むふじた歯科

 

歯科:諌早で歯周病治療に関するメール相談はこちら