メンテナンスって?

メンテナンス

 治療は今日で終わりです。お疲れ様でした。やっとあなたは歯医者からの解放されたのです。ただ、もう一度考えてみましょう。何故、虫歯ができたのでしょう。何故、歯周病が始まり、進行したのでしょう?
このままでは、またいつか、今回と同じように歯医者で、虫歯を削ったり、歯茎の治療をしなくてはならなくなるのではないでしょうか?

再び虫歯や歯周病にかからないように、予防治療を行うことをメンテナンスといいます。来院の間隔や治療の内容を、患者さんの状態にあわせて作成します。これまでの歯科医療は痛みなどの症状を取り除くことが主体でした。

早くから国をあげてメンテナンス治療に取り組んだスウェーデンでは、1995年の調査でついに18歳で平均虫歯0本を達成しました。

よく定期健康診断とメンテナンスはどうちがうのですかと聞かれます。定期検診は、悪いところを見つけて治そうという旧来型の治療です。

メンテナンス治療は、もう虫歯や歯槽膿漏にかからないために行う予防治療なのです。

メンテナンス治療と通常の年1回の定期検査を比較した実験がスウェーデンで行われています。この実験の結果によると、年1回定期検査を行っていた人は6年間で平均14個の虫歯が発生したのに対して、メンテナンス治療を行っていた人は、15年間で平均1個でした。

また、定期検査を行っていた人は6年間で平均10%歯槽膿漏が進行したのと比較して、メンテナンス治療を行っていた人では、進行が認められませんでした。

歯医者に治療に通うのは、誰でもいやなものです。メンテナンスをきちんと行う事で、痛い思いや恐い思いをするのを終わりにしませんか?

ふじた歯科ではメンテナンスを患者様の状態によってお取りしています。いつまでも健康でいられるように、予防をしましょう。

PMTC

 PMTC−プロフェッショナルによるプラークコントロール

歯肉から上の部分は、毎日正しい歯磨きをおこなうことによって自分でもケアできます。でも、歯肉よりも下、隠れた部分にたまってしまったプラークや歯石は歯磨きでとることはできません。ですから、専門家である歯科医師の定期的なプラークコントロールを受けることをおすすめします。

専門的なプラークコントロールとして、PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)があげられます。「専門家による機械的な歯の清掃」。

通常の歯磨きでは落とせない歯と歯の間(隣接面)や歯肉で隠れた部分にたまっているプラークや歯石を、専門家が器械や器具を使って徹底的に取り除くものです。

専門家による歯の清掃でプラークや歯石をきれいに取り除き、むし歯や歯周病を予防しようという考え方です。
PMTCは、ほとんどの場合は痛くなく、終わったあとは口の中がすっきりとして気分がよくなれます。

口の中の健康を末長く保つために、自分自身の努力と歯科医師や歯科衛生士などの専門家との二人三脚でしっかり予防をしましょう。

PMTCの実際

1、 プラーク染め出し液でプラークがついている場所をチェック
2、 清掃用のペーストを塗る
3、 歯の面を清掃
4、 歯と歯の間(隣接面)を清掃
5、 歯ぐきで隠れた部分を清掃
6、 研磨剤でつるつるに
7、 フッ素などお薬をぬって、コーティングしましょう

 

→歯科:長崎で歯周病に取り組むふじた歯科

→歯科:諌早で歯周病治療に関するメール相談はこちら