歯周内科治療とは

「歯周内科学」

歯科界の新しい分野が「歯周内科学」です。これまでとまったく異なったあたらしい考え方だといえます。
お薬で歯周病を治したいという治療の総称です。

「虫歯」と「歯周病」。これは歯科での最も多い病気ですが、ともに細菌感染が引き起こす、感染症が原因の疾患です。

では、感染症であれば薬で改善するのではないでしょうか?。
医科においては感染症の場合、医師の指示に従ってきちんと薬を飲めば、ほとんどの場合、治ってしまいます。
歯周病も感染症なので、同様に薬で治そうという治療法です。つまり、簡単に言うと、『歯周病の除菌療法』なのです

除菌方法は、手順として、まず、口の中の歯垢を採取し、モニターを用いた顕微鏡検査により、お口の細菌の種類や数などを検査し、歯周病菌がいれば、その細菌に合うお薬や歯磨き粉を用いてお口の中をきれいに除菌します。

歯周病が進行していない場合でも、除菌方法を行うことにより、これからの歯周病が進行しにくくなるため、最適な予防法ともいえます。
 
除菌後は、歯周病菌が人からうつらないように再感染に気をつけて頂き、カビに関しては、カビとり歯磨き剤を継続して頂ければOKです。もちろん、定期的な歯石取りやPMTCなど予防は必要ですが、除菌するのとしないのとは大違いです。

まとめますと、歯周内科治療の治療方法のポイントを次に挙げます。
1、位相差顕微鏡による菌の確認
2、細菌の除去薬剤の内服
3、カビの除去薬剤あるいはカビとり歯磨き剤での歯磨き
4、除菌後の歯石とり

特に、位相差顕微鏡による菌の確認は非常に大切なポイントです。位相差顕微鏡でお口の菌を確認しなくてはなりません。
歯周病菌がいるのか、カビが多いのか、あるいは非常にきれいなのか。位相差顕微鏡で確認しないと、お薬の選択ができません。

→歯科:長崎で歯周病に取り組むふじた歯科

→歯科:諌早で歯周病治療に関するメール相談はこちら