歯周病をまねきやすい生活習慣

歯周病を悪化させる生活習慣に次のようなものがあります。注意が必要です。

 

 喫煙   たばこは歯肉の血行を悪くし、歯肉の細胞にダメージを与えて歯周病のリスクを高めます。

 疲労や

  ストレス

 疲労や睡眠不足が続くと免疫力が低下し、口の中のケアもおろそかになるため、

 歯肉の炎症を悪化させます。ストレスによる歯ぎしりも、症状を進行させる要因になります

 良く噛まずに  食べる

 よく噛んで食べると唾液が十分に分泌され、口の中の汚れを洗い流し、

 細菌の繁殖しにくい環境に保ちます

 間食が

  多い 

食後に歯を磨いた後は甘いものを控えたいものです。特に口の中に長くとどまるようなキャンデー、

キャラメルなどは歯垢を増やすもとです。

 

ただし、歯周病の一番の原因はプラーク(歯垢)です。 プラークコントロールができていない上に上記のような生活習慣が重なれば歯周病の進行は一気に加速します。プラークコントロールに力をいれると共に、生活習慣の改善を行いましょう

 

歯科:長崎で歯周病に取り組むふじた歯科

 

歯科:諌早で歯周病治療に関するメール相談はこちら