歯周病菌が全身に及ぼす影響

歯周病(歯槽膿漏)は、成人の約8割以上がかかっている病気です。

ふじた歯科 歯周病 菌の全身への影響原因はプラーク(歯垢)や歯石に存在する細菌(ばい菌)とそれらが作り出す毒素によるものです。しかも恐ろしいことに、その菌や毒素は口の中だけにとどまりません

歯周ポケットから歯肉の中に入り込み、歯肉の毛細血管から大きな血管へ、そして循環で心臓に送られ、全身に回ることになります。

また、高齢者で、飲み込みがうまくいかなかったり、咳の反射が弱くなるため、口の中の細菌が気管に入っても押し出すことができずに、肺に入り込んでしまいます。

誤嚥性肺炎を引き起こすことがあります。

また、歯周病の患者さんで非常にリスクのある病気の一つに感染性心内膜炎という病気があります。この病気は歯ぐきが健康な人に比べ、歯周病の患者様の発症率が1.5倍から2倍多いと報告されています。

発症すると命に危険性のある怖い病気です。特にもともと心臓の弁に異常のある方は要注意です。歯周病菌が心臓の弁に付着しやすいからです。いったん細菌が弁に付着するとそこで細菌の増殖が始まります。すると心臓内の血流に渦が生じ、よどんだ血液は固まり血栓を形成します。血栓が全身に飛んで脳の血管を詰まらせると脳梗塞が、心臓を養う血管を詰まらせると心筋梗塞が起こり重篤な後遺症を引き起こすことがあります。

  ふじた歯科 歯周病と糖尿病

歯周病と糖尿病は相互に関係しあっています。

たとえば、歯周病により産生された炎症物質(サイトカイン)がインスリンの働きを抑制するため、糖尿病が悪化します。しかし歯周病を治療することにより、血糖のコントロールが改善することがあります。 逆に糖尿病が歯周病を重症化させることはよく知られています。糖尿病は血管や神経を障害する病気であり、糖尿病により毛細血管がもろくなると歯周病の細菌に対する防御力が低下し、細菌感染を受けやすい状態となり、ますます歯周病は悪化するわけです。

  


 

その他、女性の場合女性ホルモン(エストロゲンとプロゲステロン)が歯周組織の炎症反応に影響を及ぼします。プロゲステロンは歯肉の毛細血管の拡張と透過性を亢進させ、炎症反応を増大させます。妊娠すると女性ホルモンの濃度が上昇し、さらに、つわりがひどかったりして口腔ケアが出来ないと歯周病になりやすくなります。
妊娠中に歯周病が長引くと歯周病による炎症が作り出すプロスタグランジンE2という物質が低体重児生産にかかわってくると報告されています。生まれた赤ちゃんはむし歯にかかりやすく進行が早いこともわかっています。現に低体重児生産の母親に歯周病の方が多いといわれています。また、早産の可能性が歯周病を持つ妊婦では7、5倍も高まるという報告もあります。


胃潰瘍が細菌感染から起こるということが知られるようになりました。この細菌はピロリ菌といい、なんと強い酸性の胃の中でも生きていける細菌で胃潰瘍だけではなく、胃ガンも引き起こすといわれています。ところが、口の中にもピロリ菌に似たキャンピロバクターという細菌がいて、歯周病ではその菌が増殖します。すると身体の方でその菌に対する防御反応(アレルギー反応)が起き、同時にピロリ菌に対してもアレルギー反応が起こります。そのため、歯周病と胃潰瘍の両方が悪化してしまうことがわかってきました。


以上のように、歯周病と全身の病気には密接な関わり合いがあり、歯周病も全身の病気も両者ともに治療していく必要があります。全身の病気については健康診断でチェック出来る機会はありますが、歯周病は自分で守るしかありません。全身の病気と同じように歯科でも定期検診を受け、むし歯、歯周病などのチェックが重要です。   『え?この病気歯が原因?(砂書房)』より

 

歯科:長崎で歯周病に取り組むふじた歯科

 

歯科:諌早で歯周病治療に関するメール相談はこちら

 

歯周病と全身との関係

歯周病と全身との関係

 

長崎 諌早市のふじた歯科  院長の 藤田です。 

口の機能はいくつか挙げられます。

食べる、話す、表現する、などです。人間が生活していくうえで、なくてはならない臓器が口ということになります。

 

われわれ歯科医師はその大切な臓器を守ることが仕事です。

歯科医師が毎日戦っている歯の病気としては、虫歯や歯周病です。そして患者さんと共にやることは、それが悪くならないように予防をすることが大事です。

 

だだし、やみくもに歯が残っていれば良いというものではなく、正しく機能できる歯が残っていなければいけません。そのためには虫歯になりにくいような環境、歯周病になりにくいような、環境を作る必要があります。

 

その環境とは、舌がしっかり収まる、ほど良い口腔の大きさ、そして磨きやすい歯の並び、そしてお口の中を維持する唾液の量と質ということになります。

 

歯周病は糖尿病・肺炎・脳梗塞・心臓血管疾患・消化器系疾患・認知症・低体重児出産のどという「全身の健康」に影響することが研究によって明らかになっています。

歯周病の原因は、歯と歯肉の間についている歯垢、歯石、バイオフィルムともいい、ただの食べかすではなく細菌が作る物質です。

たちが悪いのは、歯周病の初期では自覚症状がなく、口臭や歯肉からの出血で気づいた時には、かなり進行していて、根の周囲に骨がなく治療というと抜歯しかないというような最悪の場合が稀ではないというところにあります。

 

なぜ、歯周病が「全身の健康」に影響するのか?

それは、例えば先ほど書いたような、歯を支える骨までが溶けた状態を考えてみましょう。

重度の歯周病では歯肉が腫れて炎症を起こしており、歯周病菌やその内毒素などが血管から体内に入ります。そうするとインシュリンの働きを阻害して糖尿病を悪化させたり、血管内の内皮細胞で発生したサイトカインが起因することによって心筋梗塞などを引き起こしたりします。

 

ですから歯周病を進行させない、また治すということは、自身の全身の健康に大きくプラスの影響を及ぼすのです。ぜひ歯周病治療・歯周病予防をしましょう。

 

歯周病の原因である、歯垢や歯石は自分では完全に除去することはできません。定期的に歯科医院に行き、PMTCを受ける必要があります。私・藤田でさえ3か月に1回のPMTCを受けているのですよ。但しここで気を付けなければならないことがあります。

 

PMTCを3か月に1回受けたら悪くならない  ではありません。3か月が90日だと考えると90日に1回プロフェッショナルのクリーニングを受けるとして、残りの89日は自分でセルフケアーをすることになりますよね。99%は自分でやるクリーニングなのです。

ですから、日頃のブラッシングがいかに大事かをわかってください。

どうしても自分でできないところを、3か月に1回プロにやってもらう。残りは自己責任ですので頑張りましょう。

 

    歯科:長崎で歯周病に取り組むふじた歯科

    歯科:諌早で歯周病治療に関するメール相談はこちら

歯周病と抗加齢(アンチエイジング)

歯周病と抗加齢(アンチエイジング)

 人はどこから老化を感じるかというと、1位が目(老眼) 2位が口(歯の喪失、歯周病、味覚障害、口臭、口腔乾燥症)3位以降が性的能力、関節、皮膚、毛髪、排尿などです。

 

 ですから口の対策が抗加齢にとって、非常に重要な存在になってきます。

 

 実は口の老化度と体の老化度はかなり一致することがわかっていますので、口から全身を評価することも可能で す。


口の役割には 食べる、話す、笑う、味わう、飲み込む、噛み砕くという食欲と言う人間の究極の欲望を達成するための役割があります。


また、感覚器や消化器としての役割もあります。


また、口角をあげると喜び、口角を下げると不機嫌などという表情を作る役割もあります。


 このように人生の最後まで維持したい機能が口の役割ですので、それを守るのが私たち、歯科医療機関の役目だと思っています。

 

→歯科:長崎で歯周病に取り組むふじた歯科

→歯科:諌早で歯周病治療に関するメール相談はこちら

歯周病との関連が強く示唆される疾患について

こんにちは 長崎県諫早市の歯科 ふじた歯科 院長の 藤田です。

歯周病との関連が強く示唆される疾患について、虚血性心疾患と細菌性心内膜炎が挙げられます

細菌性心内膜炎は血液を介して心内膜や弁膜に細菌感染が生じるが、

その成因の一つとして歯周病にみられるグラム陰性菌が病巣で確認されている。

歯周病の原因菌と考えられているグラム陰性菌が産生する内毒素(リポ多糖、LPS)などの代謝産物は

血液を介して心臓に達し、血管内では炎症性細胞が産生するサイトカインのうち、

プロスタグランジンE2、インターロイキン-1、TNF-αなどが血管内皮細胞や平滑筋に作用し

血栓を形成することが報告されています。

歯周病を治療することで、虚血性心疾患と細菌性心内膜炎を予防できますので、

是非歯周病治療をしっかりとすることをお勧めします。

 

→歯科:長崎で歯周病に取り組むふじた歯科

→歯科:諌早で歯周病治療に関するメール相談はこちら

 

アテローム性動脈硬化の発症に関与する歯周病について

アテローム性動脈硬化の発症に関与する歯周病について

こんにちは  長崎県 諫早市の歯科  ふじた歯科  藤田です。

今日は、アテローム性動脈硬化に歯周病が関与していることをお知らせします

 

歯周病の原因である歯垢(プラークともバイオフィルムとも言います)の中には数多くの細菌が棲息しています。

 

中でも歯周病の原因菌の一つであるPoriphyromonas gingivalis (PG菌)は、糖分解能を持たずに

アミノ酸を栄養源としてタンパク分解酵素を産生し歯周組織を傷害します。

 

歯周病患者では、PG菌の持続的な感染により抗体価がCRPとともに上昇することや、さらに動脈硬化では、

頸動脈の肥厚、アルブミン尿、LDLコレステロール、TNF-αやIL-6が増加することが報告されています。

 

そのため、歯周病はアテローム性動脈硬化のリスク因子として考えられています。

歯周病を直すことで動脈硬化の予防になりますので、歯周病の治療、予防は徹底した方がよさそうです。

 

→歯科:長崎で歯周病に取り組むふじた歯科

→歯科:諌早で歯周病治療に関するメール相談はこちら

 

歯周病と糖尿病

歯周病と糖尿病の関係

 

最近、長崎県歯科医師会より糖尿病と歯周病に関するパンフレットができました。以下、要約します。

 

歯周病は糖尿病の合併症のひとつです。現在のところ、歯周病は40歳以上の約8割がかかっているといわれています。歯周病は細菌による歯肉の感染症で、立派な慢性炎症なのです。

歯肉が赤く腫れている。歯肉下ら出血する。歯肉下ら膿が出る。歯がぐらぐらする。
口臭がある。起きたときに口の中がねばねばする。歯ぐきがやせてきた。歯が伸びてきた。
などの症状がひとつでもあれば、歯周病が疑われます。

昔から糖尿病は、歯周病やむし歯を悪化させる病気だと言うことが言われてきました。しかし同時に、歯周病が糖尿病を悪化させていることがわかって来ました。

何故、糖尿病で歯周病やむし歯が起こりやすいかというと、糖尿病の患者さんは免疫機能が低下していることと、血の流れの悪化する循環障害が起こり傷の治りが悪くなるのです。それに加え、唾液の量が減少し口の中が乾燥しやすくなります。その結果、歯周病や虫歯を発生させる細菌が増殖します。

また、体の抵抗力や傷を治す力が弱くなるので、糖尿病になると歯周病や虫歯が進行しやすくなります。

歯周病は慢性炎症です。慢性炎症の存在下ではインシュリンの働きを妨害する血液中物質TNF-αの濃度が上がり血糖値を上昇させます。よって、歯周病が糖尿病に悪影響を及ぼすのです。

また、糖尿病を合併した歯周病患者に歯周病治療を施したところ、先ほど書いたTNF-αが減少し、同時に糖尿病の指標のHbA1cも改善するそうです。

つまり、歯周病を治療すると糖尿病の合併の危険を減らす事が出来る可能性があります。

結論として。糖尿病のある方は、歯科医院で定期的にチェックを受け、歯周病がある方は歯周病治療を徹底的に受ける事が重要です。

 このパンフレットが欲しい方がいらっしゃればご連絡ください。差し上げます。

   糖尿病に関するお話1はこちらから

       糖尿病に関するお話2はこちらから

       インプラントと糖尿病に関してはこちら

     

→歯科:長崎で歯周病に取り組むふじた歯科

→歯科:諌早で歯周病治療に関するメール相談はこちら

 


 

歯周病と胃潰瘍

胃潰瘍と歯周病の関係


ストレスがかかる時になると胃がキリキリ痛むそういう経験を持つ方多いと思います。私もそうでした。心配事があると胃が痛いという経験を何度もしたのです。

 『胃潰瘍の原因はストレス』と聞くと、思い当たる人が多いのではないでしょうか? ストレスが私たちの体のバランスを乱れさせることは確かです。しかし、胃潰瘍や十二指腸潰瘍が細菌感染によっても起こることが明らかにされました。胃の中は強い酸性で、一般の細菌は殺され住み着くことができません。ところが、ヘリコバクター・ピロリ菌(以下ピロリ菌と記載)という細菌は、胃液の成分からアンモニアを作り、自分たちが生きていける環境を胃の中で作り住み着くそうです。

胃潰瘍の94%、十二指腸潰瘍の98%がピロリ菌が原因と言われています。
また、ピロリ菌は感染症であり、日本人のピロリ菌の感染率は年代とともに上昇し、20歳代未満は約10%なのに、50歳代では約70%に達するそうです。

 問題なのはピロリ菌が、毒素などを使って胃潰瘍をおこすだけでなく、胃癌の原因になるといわれています。怖いですね。そのため、ピロリ菌による胃潰瘍の治療には、3種混合の抗生物質が投与されるようになっていて、除菌効果が高いようです。

実は私、藤田も数年前の人間ドックでピロリ菌がいるのがわかり、3種抗生剤の7日間投与を受けましたが、1回目は奏功せずピロリ菌除菌に失敗しました。
理由はお酒です。私は晩酌のビールが大好きでその除菌期間もビールを飲んでいたのです。後で、お酒はやめるべきだったと指導を受けました。

それが理由だったので、2回目の除菌時には禁酒しました。おかげで、ピロリ菌の除菌に成功いたしました。それから、胃がチクチク痛むようなことが無くなったことは事実です。

ところで、免疫反応という言葉を知っておられますか?私たちの体に微生物が侵入(感染)すると、それらを排除しようとします。簡単に言うとその防御機能のことを、免疫反応といいます。その免疫反応は、体をまもる防御反応として欠くことのできないものです。

ところが免疫反応は、私たちの体によくない作用=アレルギーを引き起こすこともあります。病原微生物に立ち向かってくれる場合とアレルギーを起こす場合があり、免疫反応は「両刃の剣」であるというわけです。

 話を戻して、歯周病があり歯周ポケットが深くなると、ピロリ菌の親戚ともいえるキャンピロバクターという細菌がやたらと増えてきます。すると歯周病の患者の体の中で、そのキャンピロバクターを排除しようとする免疫反応が起きてきます。同時にピロリ菌とキャンピロバクターによるアレルギー反応が強くおきてしまうことも考えられます。そうすると、歯周病と胃潰瘍の両方が悪くなってしまうこともあるそうです。

ピロリ菌は唾液と、歯垢(プラーク)から分離されることがあります。一度除菌に成功しても再感染も考えられます。お口を経路にした再感染も十分に考えられますので注意が必要です。
また、ピロリ菌と口臭との関連も指摘されていますので今後の研究が待たれます。

 

→歯科:長崎で歯周病に取り組むふじた歯科

→歯科:諌早で歯周病治療に関するメール相談はこちら

歯周病と骨粗鬆症

骨粗鬆症のお薬を飲んでいて歯の治療が心配な方へ

最近、骨粗鬆症の患者さんが多くなっているようです。長崎県諫早市のふじた歯科に来院する患者さんの中にも普段から骨粗鬆症のお薬を飲んでいる方も多数見られます。ここで注意が必要となります。というのは、近年骨粗鬆症など様々な骨代謝性疾患に非常によく使用されているビスフォスフォネート系製剤(以下BP製剤と記載します)が、抜歯やあごの骨(顎骨)の手術の際、顎骨壊死をおこす危険性があると報告されています。

 ここ2〜3年前から歯科業界で大きな問題とされてきました。それまではあまり気にすることはなかったのですが。ただ、現在のところこの薬による顎骨壊死の発生秩序や予防法・対処法など、明確なものがあるわけではありません。

でも、2008年にビスフォスフォネート系薬剤と顎骨壊死に関する治療ガイドラインというものが社団法人 日本口腔外科学会から出ています。

それを参照させていただくと、以下のようなことが言えそうです。

BP製剤に関連した顎骨壊死の予防のために
(1)BP製剤による治療開始前の留意点
骨壊死の原因となる、感染源を減らすための必要な口腔内の歯科処置は前もって行うこと。

(2)BP製剤服用中の留意点
歯科医院で、口腔内の骨露出の有無を定期的にチェックする。X線診査もできれば行う
歯および口腔清掃を励行し、抜歯など顎骨に浸襲が及ぶ口腔外科的処置は極力避ける。義歯装置は可能であるが歯肉の傷などの原因である過剰な圧がかからないようにする。

(3)口腔外科的処置に際し、BP製剤の服用を中止する場合

1. 服用が3年未満の場合は、下記のリスク因子がないなら通常の処置を行う。
ステロイド療法、ホルモン療法、糖尿病、癌の科学療法、タバコ、酒、口腔衛生不良、高齢者はよりリスクが高まるので注意が必要である。

2.BP製剤服用期間が3年以上の場合は、あるいは3年未満でもステロイド剤を併用しているなら処方している医師とよく相談の上、服用中止が可能なら少なくとも処置前の3ヶ月間は服用を中止し、処置後も骨の治癒傾向が認められるまで服用を中止する。


 

 ふじた歯科ではBP製剤を注射あるいは服用している患者様につきましては、基本的に口腔内の外科処置は慎重に対処すべきと考えております。また処方された医師の先生と良く相談をして治療の計画を立てております。

基本的にはBP製剤を服用中の患者さんは、感染のリスクを抑えることが重要です。お口の中の感染としては、虫歯菌、歯周病菌の感染ですので、日ごろからお口の清掃を心がけるのと、定期的な予防を行うのが最も重要と考えています。

BP製剤による治療を開始してから、口腔や歯、顎に痛みを感じた場合には、主治医の先生に相談し、かかりつけの歯科医院で診てもらうことをお勧めします。
 

→歯科:長崎で歯周病に取り組むふじた歯科

→歯科:諌早で歯周病治療に関するメール相談はこちら

 

歯周病とメタボリックシンドローム

歯周病と全身疾患との関係が最近になっていろいろ明らかになっています。

長崎諫早歯周病相談室でも、これまで情報発信に努めてきました。

今日も、読売新聞の記事ではありますが、歯周病とメタボリックシンドロームの関係について記事なっていますのでご紹介いたします。

 

以下、記事から貼り付けいたします。

ーーーーーーー

重い歯周病を患う人ほど、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)になる確率の高いことが、滋賀県長浜市民約6000人に対する調査でわかった。
 
 成人の約8割がかかる「口の生活習慣病」と言われる歯周病とメタボとの関係を一般市民を対象にした大規模調査で明らかにしたのは全国で初めて。17日から広島市で開かれる日本口腔(こうくう)科学会で発表する。
 
 京都大医学研究科の別所和久教授らが実施。2009〜10年度、40歳以上の長浜市民6627人(男性2170人、女性4457人)について歯周病の程度を「0〜4」の5段階で評価し、腹囲などによるメタボ診断を行った。
 
 その結果、程度が「4」と最も重い歯周病患者でメタボの割合(男性21%、女性6%)は、歯周病でない人や「1〜2」の軽い患者の数値(同16%、同3%)に比べて高かった。メタボになるリスクは、「4」の歯周病の男性で1・3倍、女性で1・5倍になるという。別所教授は、「歯周病になるとかむ力が落ち、栄養のバランスが崩れるためだろう」という。.

ーーーーーーーー

 

以上のように、歯周病とメタボリックシンドロームの大規模調査の結果明らかになったようです。

これまでも、歯周病や心臓病。歯周病と糖尿病。歯周病とリウマチ。歯周病と骨粗鬆症などの関係が明らかになっていました。

ますます、国民の皆様にご自分の健康のためしっかり歯周病の治療や、予防が必要であることを周知する必要があると思います。これからもふじた歯科は患者さまの全身の健康のためにしっかりと歯周病治療と予防を頑張っていきます。

 

→歯科:長崎で歯周病に取り組むふじた歯科

→歯科:諌早で歯周病治療に関するメール相談はこちら

 

歯周病と健康寿命

日本歯科医師会が発行する『歯っぴいスマイル』という雑誌があります。日本歯科医師会の会員に毎月送ってくる雑誌ですが、この中に歯周病のことが詳しくわかりやすく書いてありましたので、この中からいくつかの記事を紹介します。

 

第20号の特集は『健康寿命の鍵は口の健康』(歯周病と全身の密接な関係)です。
私・藤田も他サイト(諫早インプラント相談室)で健康寿命のことを書いて診療理念でお知らせしておりますが、おさらいの意味で日本歯科医師会の監修(松下健二先生、高柴正悟先生)ですのですばらしい記事です。
以下、紹介しますね。

 

健康寿命と口腔の密接な関係


口腔は、全身の健康を保つためにとても重要です。特に健康寿命と口腔には密接な関係があります。
健康寿命とは、日常で介護を必要とせずに自立した生活のできる期間を指す。厚生労働省は今年初めて数値を発表しました。2010年の平均は男性70.42歳。女性は73.62歳でした。平均寿命は男性79.55歳。女性は86.30歳。ですから両者の間に男性で9年。女性で13年のギャップがあります。これは介護などを必要とする期間に当たります。


厚労省は、運動や食習慣などを改善することで、健康寿命を1.6年以上伸ばすことを提案していますが、高齢になるとどうしても認知症や寝たきりという問題が生まれてきます。

 

この問題に口腔(口や歯)の健康が深く関わっているのです。また脳血管障害や心臓病、糖尿病などの発症と悪化にも口腔が深く関わっていることが分かってきています。
自分の歯がたくさん残っていると、全身疾患のリスクが低く、長生きできるというデータが、様々な国の研究から報告されています。

 

具体的には歯がある人と無い人を比べると、残りの寿命が全然違う。歯を失ったひとのその後を観察すると、急に身体にいろいろな症状が出たり、生活習慣病の発症率が高くなったりしているのです。このほかにも歯が無くなることは、がんの発症や死亡に関連があるというのです。歯が無いということは特に消化器系のがんの発症と関連が高いといわれています。

 

以上が記事の内容です。
歯と全身の関係 本当につながっているのですよ。たかが歯と侮ることなかれですね。

歯が多く残ることで、健康寿命が違ってくることは大いに周知していくことが大事なのではないでしょうか?

次回ももう少し、紹介しますね。お楽しみに!

 

→歯科:長崎で歯周病に取り組むふじた歯科

→歯科:諌早で歯周病治療に関するメール相談はこちら