歯周病に関するブログ

長崎諫早 歯周病相談室 を監修するふじた歯科の院長藤田です。 

いろいろな歯周病に関するコラムを書いています。

こちらからどうぞ

歯周病

歯周病について

sishuubyou.bmp勘違いされておられる方がいらっしゃいますが、歯周病とは虫歯とは違います。歯周病は歯の病気ではなく歯を支える組織(歯ぐき、骨)の病気です。程度の差はあれ(軽症から重症まで)25歳以上の国民の8割以上がかかっている病気です。
80歳で20本の歯を残そうという運動が8020運動ですが、この運動の大きな鍵となるのが歯周病対策なのです。

ふじた歯科 歯周病について 位相差顕微鏡歯周病の初期は歯肉炎といいます。まだ歯肉にだけ病変が限局している段階です。
歯肉炎の原因は歯の表面についたばい菌(細菌)の集まりである歯垢(プラーク)です。歯垢1グラムで1000億という細菌が住み着いています。そのばい菌が毒素を出し、歯肉に炎症を起こします。赤く腫れたり、歯ブラシの時に少し出血する程度です。

この段階では自覚症状がほとんどありません。そのため多くの人が気づかずに放置してしまします。
この段階で放置すると、歯とはぐきの間の溝が深くなって(歯周ポケットが深くなる)、ばい菌がどんどん入って炎症がひどくなり、歯を支える骨までもが破壊され、溶けて行きます。
そのため、歯周病が進行すると、歯がぐらぐらと動揺するようになってきます。

歯周病の原因はばい菌(細菌)ですが、ほかに危険因子があります。つまり歯周病をよりひどくする因子です。例えば、加齢や病気による抵抗力の低下、ストレス、喫煙などです。また、歯周病と糖尿病、脳血管疾患、骨粗しょう症、心疾患。腎炎、関節炎などと関係があるとの報告が出ています。

最近、糖尿病と歯周病の関連が話題になっています。糖尿病と歯周病はどちらも生活習慣病であり、病気との一生の付き合いになります。
糖尿病と歯周病を持つ患者さんでも、きちんと両方の治療に取り組めば、両方の状態を安定させることができるのです。

香川県歯科医師会の研究で、次のような報告もあります。
高齢者の残存歯の本数が少ない人ほど年間の医療費が多い。つまり、残存歯が多ければ、年間医療費が少ない、歯が多い人ほど健康であるということなのです。

ですから、自分の歯の本数を残すことが非常に重要となってきます。歯を多く残すほど、医療費が少ない。つまり健康でいられるのです。

歯をなくす最も大きな原因が歯周病ですので、歯周病対策をしっかり立てれば歯を残すことができる可能性が高くなるのです。

ですから、ぜひ歯周病を治すように、また重症の患者さんであっても、なるべく歯周病の進行を遅らせる予防、治療をしていただきたいと思います。

ふじた歯科では、歯周病治療を通じて、患者様のお口の健康から、全身の健康を推進します。

 

歯科:長崎で歯周病に取り組むふじた歯科

 

歯科:諌早で歯周病治療に関するメール相談はこちら