位相差顕微鏡での細菌検査

位相差顕微鏡での細菌検査

長崎県諫早市のふじた歯科  藤田です。

歯周内科療法でまず特徴的なことは、最初に患者さんの口腔内の細菌検査を位相差顕微鏡ですることです。位相差顕微鏡では、歯垢(バイオフィルム)の状況を知ることができます。

含まれる菌の過多であったり、細菌のすみかであるカンジダ菌の過多、原虫の有無、菌の大まかな種類を調べます。しかし歯周病を悪化させる=悪玉3種類のP.g菌、T.f菌、T.d菌などの存在は残念ながら判別できません。

また近年、除菌薬で使うジスロマックの耐性菌が増えてきています。そのためジスロマックだけでの除菌が難しくなってきているので、追加する薬の選択が難しくなります。そのためにリアルタイムPC検査を行い、追加薬剤の必要性などを考えていきます。」。

リアルタイムPCR(リアルタイムポリメラーゼ連鎖反応)法では、以下の菌の検査をします。

1. Porphyromonas gingivalis

2. Tannerella forsythia

3. Treponema denticola

4. Aggregatibacter actinomycetemcomitans

5. Fusobacterium nucleaterm

 リアルタイムPCR検査を行うタイミングとしては、

1、治療前(診査診断)

2、初期治療終了後(SRP終了後 約1ヶ月経過後)

3、メンテナンス時

メンテナンス時は1年後とか、2年後とか年単位で行うことが良いとされますが、実際メンテナンス時の検査には、検査の費用が発生するので、そこは相談が必要です。(1、2は除菌療法の費用の中に含まれています)

 

歯周病除菌療法を選択する目安として、以下の方を対象とします

  1. 重度歯周病、侵襲性歯周病、若年性歯周病の方
  2. 歯周病と関連する全身疾患を有する方(糖尿病、リウマチ、窓)
  3. 細菌のリスクファクターを早急に減らす必要のある方

 

歯科:長崎で歯周病治療に取り組むふじた歯科

 

長崎県諫早市の歯科 ふじた歯科

 

諫早駅前歯科も歯周病治療に熱心です