歯周病治療と高濃度ビタミンC点滴療法

歯周病とと高濃度ビタミンC点滴療法

 

ふじた歯科ではインプラント治療や歯周病治療において、高濃度ビタミンC点滴療法を取り入れ、患者様に良好な評価を得ています。

 

 

下の写真は私が高濃度ビタミンC点滴を受けているところです。

マイラン社製注射用ビタミンC製剤(冷蔵コンテナでアイルランドから輸入したものです)

 

IMG_4937.jpg       IMG_4919.jpg

歯科治療と点滴療法というと不思議に思われるかも知れません。これからその関係と効果について書いて行きたいと思います・

 

最初に高濃度ビタミンC点滴療法ですが、歯科における効果・効能は以下のようなものがあります。

  • インプラント治療などの外科治療後の治癒を促進する
  • 歯周病予防・歯周病治療の一環として使用
  • 歯肉粘膜組織の強化
  • 歯肉やお口の周りの抗酸化、コラーゲン生成
  • 美肌・美白効果
  • 疲労回復・免疫力の向上
  • 風邪予防
  • ガン予防
  • 全身のエイジングケア(アンチエイジング)

 

そもそも高濃度ビタミンC点滴療法は、2度ノーベル賞を受賞したライナス・ポーリング博士が「副作用が無く、ガン治療に有効である」と発表したことに始まります。ガン治療だけでなく、濃度によって、健康増進、疲労回復、ガン予防などに効果があるといわれています。

 

ところでビタミンCってご存知ですよね。すぐにレモンを思い浮かべることと思います。清涼飲料水のCMで「レモン○○個分のビタミンCが入ってます」というフレーズが良く使われます。レモン1個にどのくらいのビタミンCが入っているのでしょうか?

実は レモン果実1個当たり「20mg」入っているのです。

 

高濃度ビタミンC点滴療法は高容量のビタミンC(12.5〜100g)先ほどレモン1個当たり20mgですから625個〜5000個分を静脈から点滴していきます。

なぜ点滴?服用ではだめなの?と疑問に思われると思います。健康食品やサプリメントでいっぱい存在しますからね。でも経口摂取ではほとんどが吸収されず体外に排出されてしまうのです。それなら効くものも効きません。点滴なら直接血管内にいきわたり各細胞に行きわたり、効果がすぐに現れるのです。

 

現代人は黙っていても多くのストレスに直面します。老化の原因である活性酸素は様々な要因で増えてきます。ビタミンCは活性酸素を除去するために効果的です。喫煙、飲酒、睡眠不足、精神的ストレス、不規則な食生活で活性酸素は増えていきます。先ほど書きましたが活性酸素は老化の原因になるだけでなく、ガンの原因にもなるといわれます。ですから世界的にガン治療に高濃度ビタミンCが使用されていますし、定期的な点滴でガン予防にもなるといわれています。

 

高濃度ビタミンC点滴治療をご希望の方は ふじた歯科までご連絡ください

 

 →歯科:インターネット予約はこちら

 →歯科:諌早で歯周病治療に関するメール相談はこちら

 →歯科:電話予約は 0957−43−2212

 

               長崎で歯周病に取り組むふじた歯科