歯周病と口臭について

 口臭があります。何が原因ですか?


 口臭の原因は大きく3つに分類されます。

 一つ目は、口の中の汚れによるものです。

 口の中に残った食べ物のカスが腐敗した臭いや、

 歯垢(プラーク)が固まって歯石になったものが原因です。

 二つ目は、歯周病によるものです。

 歯周病により形成された歯周ポケットには沢山の細菌が繁殖するため

 歯周病独特の口臭が発生します。歯周病は症状がないままに進行する病気なので

 口臭を期に歯周病の検査をうけられることをおすすめします。

 三つ目は内蔵疾患によるものです。


 ふじた歯科に来られている患者様の中で、口臭を気にされていた方も

 歯周病治療や虫歯治療をしたことにより、口臭が改善され、

 気にならなくなったと言われる方が大勢います。

 

 歯周病の原因は汚れが固まって出来た歯石によるものです。

 ですから、歯周病を改善するためには歯石を取ることです。

 まずは歯周病の数値がどれぐらいなのか歯ぐきの検査を行いましょう。

 ひいては口臭の改善にも繋がります。


 また、ふじた歯科には口臭の原因となるガスを機械的に測ることができます。

 自分の口臭がどれぐらいなのかを数値で見ることが出来ます。

 口臭が気にる方はまずは口臭検査をされることをおすすめします。

 

 何が原因の口臭であるかが解ると、必ず解決策がみつかり

 口臭は改善されます。