歯周病と全身との関係

歯周病と全身との関係

 

長崎 諌早市のふじた歯科  院長の 藤田です。 

口の機能はいくつか挙げられます。

食べる、話す、表現する、などです。人間が生活していくうえで、なくてはならない臓器が口ということになります。

 

われわれ歯科医師はその大切な臓器を守ることが仕事です。

歯科医師が毎日戦っている歯の病気としては、虫歯や歯周病です。そして患者さんと共にやることは、それが悪くならないように予防をすることが大事です。

 

だだし、やみくもに歯が残っていれば良いというものではなく、正しく機能できる歯が残っていなければいけません。そのためには虫歯になりにくいような環境、歯周病になりにくいような、環境を作る必要があります。

 

その環境とは、舌がしっかり収まる、ほど良い口腔の大きさ、そして磨きやすい歯の並び、そしてお口の中を維持する唾液の量と質ということになります。

 

歯周病は糖尿病・肺炎・脳梗塞・心臓血管疾患・消化器系疾患・認知症・低体重児出産のどという「全身の健康」に影響することが研究によって明らかになっています。

歯周病の原因は、歯と歯肉の間についている歯垢、歯石、バイオフィルムともいい、ただの食べかすではなく細菌が作る物質です。

たちが悪いのは、歯周病の初期では自覚症状がなく、口臭や歯肉からの出血で気づいた時には、かなり進行していて、根の周囲に骨がなく治療というと抜歯しかないというような最悪の場合が稀ではないというところにあります。

 

なぜ、歯周病が「全身の健康」に影響するのか?

それは、例えば先ほど書いたような、歯を支える骨までが溶けた状態を考えてみましょう。

重度の歯周病では歯肉が腫れて炎症を起こしており、歯周病菌やその内毒素などが血管から体内に入ります。そうするとインシュリンの働きを阻害して糖尿病を悪化させたり、血管内の内皮細胞で発生したサイトカインが起因することによって心筋梗塞などを引き起こしたりします。

 

ですから歯周病を進行させない、また治すということは、自身の全身の健康に大きくプラスの影響を及ぼすのです。ぜひ歯周病治療・歯周病予防をしましょう。

 

歯周病の原因である、歯垢や歯石は自分では完全に除去することはできません。定期的に歯科医院に行き、PMTCを受ける必要があります。私・藤田でさえ3か月に1回のPMTCを受けているのですよ。但しここで気を付けなければならないことがあります。

 

PMTCを3か月に1回受けたら悪くならない  ではありません。3か月が90日だと考えると90日に1回プロフェッショナルのクリーニングを受けるとして、残りの89日は自分でセルフケアーをすることになりますよね。99%は自分でやるクリーニングなのです。

ですから、日頃のブラッシングがいかに大事かをわかってください。

どうしても自分でできないところを、3か月に1回プロにやってもらう。残りは自己責任ですので頑張りましょう。

 

    歯科:長崎で歯周病に取り組むふじた歯科

    歯科:諌早で歯周病治療に関するメール相談はこちら